未分類

デュロック種の特徴とは?どんな豚?

あなたは数あるお肉の中で、

何の肉がお好きですか?

特別感あふれる牛肉も良いですし、

リーズナブルでボリューミーな鶏肉も良いですが、

脂の旨味と経済性を両立できる豚肉も捨てがたいものです。

日本国内でも各地域で豚のブランドは様々ありますが、

やはり家計の助けになるのは

海外を原産とする豚ではないでしょうか。

今回は、そんな海外を原産とする豚の品種の1つ、

デュロック種」についてご紹介。

特徴や肉質など色々な面から説明します。

気になる方はぜひお付き合いください。

デュロック種とは?

出典: 1分で読める!! [ 違いは? ]

ズバリ、「アメリカの豚の品種」です。

一般的に海外の品種は、原産の地域名が

そのまま品種名になっていることが多いですが、

この「デュロック種」は違います。

「デュロック種」は2つの品種をかけあわせて

生まれたのですが、

このうち赤茶色の毛の豚が「デュロック」

呼ばれていたため、この名前がそのまま引き継がれました。

見た目もこの豚を引き継いで赤褐色をしています。

一般的に産肉量が優れた品種と言われていますが、

繁殖力に劣るため、

日本を含め多くの国では単体での飼育というより、

多品種との雑種という形で飼育されていることが多いようです。

デュロック種の特徴

ここから、「デュロック種」の特徴についてです。

原産

先ほども紹介したように、

原産はアメリカですが、より詳しく言うと、

ニューヨーク州またはニュージャージー州

原産とされています。

体格

体格はがっちりとしており、

胴回りと足回りが太いです。

また、体全体の筋肉も他の品種に比べて発達しているので、

産肉性が優れた豚としても知られています。

もちろん個体差はありますが、

成体で300~380kg 程度になります。

デュロック種の肉質

「デュロック種」の肉質として、

脂肪分を豊富に含んだジューシーな肉である

ことが挙げられます。

平均して5%前後の筋肉内脂肪量があるというので、

人によっては脂っこいと感じるかもしれません。

また、脂肪の他にも水分量と保水性にも優れていることから、

旨味を逃がしにくい肉であるとも考えられます。

止め雄とは?

ここまで「デュロック種」の特徴について説明しました。

ここで、飼育方法について少し紹介します。

先ほど紹介したように、デュロック種は

産肉量が多いのが魅力なのですが、

なにぶん繁殖力が弱いのが難点でした。

これ特性を改善するため、

繁殖力の強いランドレース種などとの交配のとき、

止め雄」という役割で採用されます。

「止め雄」とは、産肉性の遺伝のみを目的として

交配される雄のことです。

このような酪農家さんの努力があって、

我々は色々な品種を味わえるのでしょうね。

まとめ

いかがでしたか?

海外を原産とする豚の品種である、

デュロック種」について、

特徴などについて紹介しました。

豚肉であまり品種を気にすることはないかと思いますが、

知識として知っておくと、よりお肉を味わえるかもしれませんね。

ちなみに、今回は海外を原産とする豚の品種についてご紹介しましたが、

海外を原産とする肉牛の品種である、

アバディーンアンガス種」「ヘレフォード種」については、

別の記事で詳しく紹介していますので、

気になった方はこの記事と合わせてご参照ください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

-未分類

© 2020 お肉の専門書