未分類

ランドレース種の特徴とは?どんな豚?大きさはどのくらい?

あなたは豚肉を食べる時に、品種について気にしたことはありますか?

今回は「ランドレース」という品種の豚について、

特徴や大きさ、日本に入ってきた歴史などを解説します。

ランドレース種の特徴とは?

出典:wikipedia

デンマークに生息していた在来種に

大ヨークシャー種を掛け合わせて出来た、豚の品種のひとつです。

薄赤色の皮膚白色の毛が生えており、見た目は白色に見えます。

良質な肉がとれるので、精肉にもなりますが、

背脂肪が薄く赤肉の量が多いのでベーコンなどの加工品に使用されることが多い品種です。

繁殖能力に優れており、成長も早いです。

子豚が離乳する平均頭数や、親豚から乳離れした後の生存率が、

他の品種と比べて高くなっています。

比較的育てやすい品種と言えるでしょう。

現在では原産国のデンマークを始め、

スウェーデン、イギリス、オランダなどで飼われており、各国で改良が重ねられています。

ランドレース種の大きさ

ランドレース種は大型の品種です。

流線形の体をしていて、顔も長くなっています。

その他、鼻筋がまっすぐ通っており、垂れた耳が見た目の特徴です。

オスはおおよそ330kgほど、メスでも270kgほどの大きさです。

日本でのランドレース種

日本には1960年に初めて輸入されてきました。

「アメリカンランドレース」というアメリカで開発された同系統の品種です。

現在ではオランダやイギリスなどからも輸入されており、

純粋種としては最も多く飼育されています。

まとめ

今回はランドレース種について特徴や大きさ、日本に入ってきた歴史を紹介しました。

デンマーク原産のランドレース種は繁殖能力が高く、成長も早い、大型の品種です。

脂肪が少なく赤肉が多いのでベーコンなどの加工品に適しています。

日本では、純粋種としては国内で一番多く飼育されている品種です。

豚肉や、その加工品を食べる際には、豚の品種のことも少し思い出してみてください。

-未分類

© 2020 お肉の専門書