肉の部位一覧

ザブトン肉の部位はどこ?値段や食べ方について解説

あなたは「ザブトン」というお肉を食べたことがありますか?

焼肉屋さんなどで食べることの出来る希少価値の高い部位です。

今回は「ザブトン」について部位の特徴や栄養、カロリー、

おすすめの食べ方や焼き方、通販で購入する際の値段などについて紹介します。

ザブトン肉とはどこの部位?

ザブトン肉とは、牛肉の肩ロース肉のあばら骨に近い部分のことを指します。

お肉の形が座布団に似ていることから、「ザブトン」と呼ばれるようになりました。

その他、「ハネシタ」とも呼ばれています。

※ちなみに「ロース」とは首から腰にかけての、背中側のお肉のことを言います。

そのロースの中で首に近い部分が「肩ロース

背中の中央の部分が「リブロース」と呼ばれています。

牛肩ロースの部位はどこ?気になる糖質カロリータンパク質ってどうなの?

続きを見る

リブロースとはどんなお肉?部位の紹介から価格相場や語源について

続きを見る

一頭の牛(約650~750kg)にはおおよそ230~300kgの可食部分(お肉や内臓)があります。

その中でもザブトンは、牛の大きさにもよりますが、

3~4kgしか取ることの出来ない部位です。

食べられる部分の1パーセント程度の量と考えると、

とても希少価値の高い部位ということが分かります。

焼肉店では「ザブトン」や「ハネシタ」の他、

「特上ロース」「特上カルビ」としてメニューに並んでいることもあります。

ここで「あれ?」と疑問に思うことはありませんか?

「ザブトン」は肩ロースの一部なのに、「特上カルビ」という名前??

どういうことなのでしょうか。つぎの項目で詳しく解説していきます。

ザブトン肉は特上ロース?特上カルビ?

ザブトン肉は特上ロースなのか、特上カルビなのか、という疑問を解決しましょう。

まず、「上カルビ」や「特上ロース」などの名前は

「肩ロース」や「バラ肉」などの特定の部位を表すのではありません。

お肉の柔らかさや脂の乗り具合、サシの入り方などをお店が判断して

「上○○」や「特上○○」などと部位の呼び方を決めているのだそうです。

次に、少し横道にそれますが、「カルビとは何の肉か」について解説していきます。

カルビとは、韓国語で「あばら骨の間の肉」という意味があるそうです。

一方日本では「カルビ=○○という部位」といったような正確な定義はありません

あばら骨の間や、その周辺についているお肉と、

周りにあるバラ肉をカルビと呼んでいることが多いようです。

中でも肩の周りのバラ肉は三角バラと呼ばれていて、

霜降りの旨味が染み出す部位と言われており、

焼肉屋さんのメニューでは特上カルビとも呼ばれています。

バラ肉についてはこちらの記事をご覧ください。

バラ肉とは一体どんなお肉?その魅力から特徴、ダイエット向きのお肉?

続きを見る

簡単なまとめ

ここで今までの情報を整理してみましょう。

・肩ロースのあばら側に近い部位である「ザブトン肉」

・カルビの肩の周りの部位である「三角バラ」

それぞれ近い場所にある2つのお肉は、

それぞれの焼肉屋さんの裁量によって

「特上カルビ」、「特上ロース」などと名付けられているのです。

焼肉屋さんで「特上○○」というメニューを見かけた際には、

「どの部位を使っているのか」をたずねてみるといいかもしれませんね。

ザブトン肉の特徴とは?

ザブトン肉はきれいなサシが入った霜降りのお肉です。

脂身が多くとろけるような食感ですが、首に近い部位ということで、

少し歯ごたえがあり食べた!という満足感も得られる部位です。

ザブトン肉のカロリーと栄養素

上でも述べたように、とろけるような食感とほどよい食べ応えがある部位ですが、

きめ細かなサシも入っており、脂のジューシーな旨味を感じられます。

とても美味しくて良いのですが、カロリーや栄養素が気になりますよね。

ここからはザブトン肉のカロリーや栄養素について解説します。

ザブトン肉のカロリー

ザブトン肉の100gあたりのカロリーは約500kcalです。

肩ロースのカロリーは100gあたり240kcalですので、

かなり高カロリーの食材と言えます。とても美味しいのですが、

食べ過ぎると胃もたれしてしまう方もいるようです。

性別や年齢にもよりますが、一般的な成人の1日の摂取カロリーの目安は

1800~2200kcalと言われています。

焼肉でザブトンばかりを食べていると、すぐに摂取カロリー目安をオーバーしてしまいます。

食べ過ぎには気を付けましょう。

ザブトン肉の栄養素

残念ながら、ザブトン肉の詳細なデータが見当たりませんでしたので、

ここでは肩ロースの栄養素を紹介します。

ザブトンと肩ロースではカロリーも倍以上違いますので参考程度と考えてください。

肩ロースの100gあたりの栄養素は

・タンパク質が17.9g

・脂質が17.4g

・炭水化物が0.1g

となっています。

ビタミン、ミネラルでは

・健康な血液をつくったり、脳からの命令を伝達する神経を健康に保ったりするビタミンB12

・粘膜や皮膚を健やかにしたり、味覚をただしく保ったりする亜鉛

が含まれています。

ザブトン肉の食べ方について

ザブトン肉は色々な食べ方で味わうことが出来ますので、紹介していきます。

・焼肉

ザブトン肉の代表的な食べ方と言えば、やはり焼肉でしょう。レア~ミディアムで焼き上げ、

塩やわさび醤油、あっさりとした甘口焼肉タレなどを付けて食べるのがおすすめです。

・ステーキ

希少部位を贅沢に使う豪華な食べ方です。

ザブトン肉を少し分厚めに切り分け、よく熱したフライパンで表面をさっと焼き上げます

筋が入った少し歯ごたえのあるお肉なので、食べ応えは抜群、

ジューシーな脂が染み出してなんとも言えない美味しさです。

赤ワインなどを使った酸味のあるソースや、しょうゆベースのソースがおすすめです。

・しゃぶしゃぶ、すき焼き

薄切りにしたザブトン肉は口に入れると溶けてしまうほど柔らかく、

脂が染み出しジューシーです。

・ローストビーフ

パーティメニューとして人気のローストビーフですが、

食感が固くなってしまうのが難点かと思います。

しかしザブトンのローストビーフは他の部位のものと比べて柔らかくなっており

美味しく味わうことが出来ます。

・お刺身、寿司

生のお肉を使用するため、新鮮なザブトン肉でなければ食べられません。

火を通す食べ方よりもさらに希少価値の高い食べ方ですが、

飲食店などで出会った際にはぜひ食べてみてください。

わさび醤油などのシンプルな味付けでお肉本来の味濃厚な脂を味わうことが出来ます。

ザブトン肉のオススメの焼き方

ここではご自宅や焼肉屋さんで焼肉用のザブトン肉を

美味しく焼くためのオススメの方法を紹介します。

①フライパンや網をしっかり熱します。

②片面を焼き、脂が溶け出して表面に浮いてきたらひっくり返します。

③裏面は焼き目をつける程度にして焼きすぎないようにしましょう。

ポイントは「焼きすぎない」ことです。

焼きすぎてしまうと、ジューシーな脂が必要以上に落ちてしまったり、

固くなってしまったりします。レア~ミディアムで食べるのがオススメです。

ザブトン肉の値段はどのくらい?通販ではいくらくらい?

希少価値の高いザブトン肉ですが、

通販ではどのくらいの値段で販売されているのでしょうか。

調べてみたところ、まず和牛60gで1,620円という商品がありました。

60gというと焼肉用で2~3枚程度です。お、お高いですね…。

同じく焼肉用、ブランド牛の場合、仙台牛500gで9,620円

これは大体3人前のようです。

またステーキ用のかたまり肉の場合は黒毛和牛500gで7,560円でした。

スライス加工する手間を考えるとかたまり肉の方がお得なようです。

それでもお高いですが…笑。

さらに松坂牛焼肉用500g では14,688円という商品もありました。

こちらは自家需要というよりも、

お歳暮やお中元といったギフトとして購入する方が多いようです。

このように、一般的な牛肉から考えるとびっくりしてしまうほどのお値段です。

筆者としては普段使いというよりは特別な日の食事のために購入したい部位だと思いました。

まとめ

今回は「ザブトン肉」について部位の特徴や栄養、カロリー、

おすすめの食べ方や焼き方、通販で購入する際の値段などについて紹介しました。

見事なサシの入ったザブトン肉は、とろけるような食感ながらもしっかりとした食べ応えのある、

とてもジューシーで美味しい部位です。

焼肉を始め、ステーキやすき焼き、ローストビーフやお刺身など

色々な食べ方で楽しむことが出来ます。

焼肉の場合は焼きすぎに注意して味わってみてください。

しかしカロリーがとても高い部位でもあるので、食べ過ぎには注意しましょう。

-肉の部位一覧

© 2020 お肉の専門書