肉の部位一覧

かぶり肉の部位はどこ?牛かぶりの値段はいくらくらい?

あなたは焼肉はお好きですか?

手軽に非日常感が味わえて、

お家で焼肉でもテンションが上がってしまいますよね。

焼肉では、馴染みのある部位から、

ちょっと聞きなれない部位まで、

様々な部位が食材として食べられています。

今回はそんなちょっと聞きなれない焼肉部位の1つである、

牛かぶり」についてご紹介。

どこの部位なのか、特徴や値段相場など色々な側面から紹介します。

興味がある方はぜひお付き合いください。

かぶりとはどこの部位?

ズバリ、「リブロースの背中側」の部位です。

そもそもリブロースが分からない、

という方のために、まずはリブロースがどこかについて説明します。

リブロースについて

リブが英語でrib(肋骨、あばら)であることからも分かるように、

肋骨近くの肉です。具体的にどのへんかというと、

腰付近の背中側の部分になります。

赤身と脂のバランスが素晴らしく、

サーロインなどと並び、

トップレベルの上質赤身肉です。

リブロースとはどんなお肉?部位の紹介から価格相場や語源について

続きを見る

このようなリブロースの中でも、

特に背中側の一部のことを「かぶり」と呼びます

名前の由来は、リブロースに覆いかぶさるようについていることだそうで、

別名「リブキャップ」などと呼ばれたりもします。

かぶりの特徴は?

肉質に関しては、リブロースと同じように、

肉と脂のバランスが大変よく

見た目にもきめ細かくツヤツヤした美しさがあります。

見た目の美しさでは、

牛肉の部位中で最高レベルともいわれます。

味わいに関しては、肉の旨味と脂の甘みが濃厚に感じられます。

ただ、溢れ出るような脂が時に重たく感じられることもあるかもしれません。

また、食感はリブロースに比べてやや硬めの印象です。

その分、肉の旨味も感じやすいことから、焼肉以外にも、

すき焼きやしゃぶしゃぶ、ローストビーフなど、

肉本来の旨味を味わう調理によく用いられています。

かぶりのカロリーと栄養素

ここからは「かぶり」のカロリーや栄養面について、ご紹介します。

かぶりのカロリー

まずは、気になるカロリーについてです。

今回調べてみましたが、「かぶり」のカロリーがしっかりと調査された

値は見つからなかったので

「かぶり」に一番近いと考えられるリブロースの値をご紹介します。

100gあたり263kcal です。

ちなみにこれは輸入牛の場合で、もっと脂がノっている和牛の場合ですと、

100gあたり468kcal で、

実に輸入牛の倍近い値になります。

どの程度までカロリーを許容できるかによって、

産地も気にしてみた方が良いと思います。

かぶりの栄養素

続いて、栄養素の面です。

その味わいからも分かるように、

脂質がかなり多く含まれています。

和牛リブロースの場合、

100gあたり44g 含まれています。

食べれば言わずとも分かると思いますが、

脂が気になる方は食べすぎに注意が必要です。

その他、DNAの生成を助けるビタミンB12や、

細胞の成長と分化に必要な亜鉛が豊富に含まれています。

焼肉でのかぶりはいくらくらい?

さて、希少部位でもあるこの「かぶり」

焼肉で食べようと思った場合、どのくらいの値段になるのでしょうか。

もちろん店によって前後はしますが、

100gで1000円前後ほどはかかりそうです。

また、やはり希少部位であることから、

「かぶり」単体での提供よりは他の希少赤身との盛り合わせ、

という形で提供されることも多いように感じました。

豚にもかぶりって部位はあるの?

今回、牛の「かぶり」について紹介していますが、

豚にも「かぶり」はあるのでしょうか。

結論、あります

豚かぶりも食材として人気の部位です。

豚かぶりについては、別の記事で詳しく紹介していますので、

気になった方は、この記事と合わせてご参照ください。

豚かぶり肉の部位はどこ?どんなお肉?

続きを見る

かぶりは通販でいくら?

最後に、店でも見かけることの少ない「かぶり」

手っ取り早くネット通販で購入した場合、

いくらになるのでしょうか。

和牛の場合、100gあたり1700円前後で販売されています。

輸入牛だともう少しお手軽になるとは思いますが、

今回調べた限り、通販では見当たりませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

上質な赤身肉の1つである「かぶり」について、

特徴や栄養などの面からご紹介しました。

あまり聞きなじみのない部位ではありますが、

肉の旨味を味わえる部位ですので、

お店や通販で見かけたときはチャレンジしてみてはいかがでしょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

-肉の部位一覧

© 2020 お肉の専門書