焼き鳥部位一覧

焼き鳥の「もみじ」はどんな部位?

あなたは焼鳥の部位をどのくらいご存じですか?

定番である「もも」や「ムネ」などの正肉や、

「レバー」「ハツ」などの内臓肉が代表的なものとして挙げられますが、

焼肉に比べて、ややバリエーションに乏しい印象を受けるのも事実です。

しかし実は、焼き鳥でも知られていないだけで数多くの部位が存在しており、

焼肉に負けないくらい奥深い世界なのです。

今回はそんな焼鳥のマイナー部位の1つである、

もみじ」についてご紹介。

どこの部位か、特徴などについて説明します。

興味がある方はぜひお付き合いください。

それでは早速参りましょう!

「もみじ」はどこの部位?

出典:肝臓公司

ズバリ、鶏の足です。もっと厳密にいうと、鶏の足先です。

主にスネから爪先あたりまでのことを指します。

あまりイメージできる方はいないかもしれませんが、

鶏の足というと、指が3本あり、

足裏から見ると名前の通り、

もみじの葉のような形をしていることから、

このように呼ばれています。

鶏の足だと生々しいですが、

もみじだとちょっと抵抗感薄れませんか。

「もみじ」の特徴

「もみじ」の特徴として、とてもいいダシが取れることが挙げられます。

このため、「もみじ」は焼鳥屋で見かけることも稀にありますが、

ほとんどはダシを取る目的でラーメン屋などで使われています。

生の状態だと、足がそのまんまの感じでかなりグロテスクなのですが、

焼き鳥で提供されるときは、足裏の肉球がついている部分を切って串にされるため、

知らない限り、足だと意識することはないかと思います。

焼き鳥の場合、1串あたり3~4羽分を必要とする希少部位です。

串で食べると、コリコリした歯ごたえがありますが、

味わいにはクセがあります。

好きな人にはたまらない味わいなので、

お店で見かけたらチャレンジしてみることをおすすめします。

「もみじ」はいくらで購入できる?

「もみじ」はどのくらいの値段で販売されているのでしょうか。

調べたところ、1kgあたり600円前後で販売されています。

かなり需要が限られているため、

かなり手ごろな値段で取り扱われています。

試しに「もみじ」を使って自家製ラーメンというのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

焼き鳥の中でもかなりレアな部位である、

「もみじ」についてご紹介しました。

動物は変わりますが、豚の足については、

豚足」の記事で詳しく紹介しておりますので、

興味がある方はそちらもご参照ください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

-焼き鳥部位一覧

© 2020 お肉の専門書