ジビエ

命を学ぶ「狩猟体験」の魅力とは?ジビエ料理も味わえるツアーを紹介

近年ジビエがブームになっていますが

ジビエって聞いたことありますか?

ジビエとは?その意味や語源からジビエ肉の特徴を紹介

続きを見る

ジビエとは野生動物の肉のことで

基本的には、狩猟によって捕獲し

解体して市場に出回ります。

ジビエブームについては下の記事をご覧になってください。

ジビエブームって本当?日本での需要や消費はどのくらい?

続きを見る

そんなジビエブームの中

狩猟体験が開催されていることをご存じですか?

「狩猟体験って危ないんじゃないの・・・」

そう思う人もいるでしょう。

今回は、狩猟体験の内容や価格

オススメの狩猟ツアーについて見ていきましょう。

狩猟体験とは?

まず、狩猟体験とはいったいどんなものなのでしょうか。

狩猟体験とは

その土地の猟師が、一般の方に対して

狩猟に興味をもってもらうために行っている催しです。

場合によっては

これから猟師免許を取りたい人

最初の1歩にもなっています。

いろんな団体で企画されていますので

インターネットで調べれば

すぐに見つかります。

狩猟体験の内容

では、狩猟体験ではどんなことが体験できるのでしょうか。

狩猟体験の内容はさまざまですが

基本的には

猟師が先導してくれて

山歩きが行われます。

その道すがら

猟師からいろいろなを聞いたり

罠(わな)が張ってある場所を見たり

場合によっては

鹿や猪と出会うことも・・・!?

さらに

捕獲した鹿や猪の解体を体験できたり

ジビエを実食できたり

1泊2日のキャンプも体験できたりと

さまざまなプログラムが用意されています。

狩猟体験に必要な資格や持ち物ってあるの?

狩猟体験をするにあたって、必要なものはあるのでしょうか。

狩猟資格はもちろん必要ありません。

基本的に山歩きをするので

夏であっても長袖長ズボン長靴を着用し

虫除けスプレーなどもしておきましょう。

冬ならば、防寒具をしっかり着込みましょう。

時間が長くかかるようであれば

水分もお忘れなく。

また、山の天気は変わりやすいので

雨具の準備も必要です。

いずれにしても

参加する狩猟体験のサイトに

必要なものが記載されていますし

最悪、身体一つあれば

狩猟体験に参加できますので

気軽な気持ちで申し込んでみましょう。

狩猟体験の価格

「狩猟体験の内容は分かったけど、値段は相当するんじゃないの・・・」

狩猟体験の価格はどれくらいするものなのでしょうか。

例えば、狩猟体験のみの場合であれば

価格は5000円前後となりますが

本格的な技術を教えてもらえるようなものであれば

10000円を超えてきます。

また、狩猟体験の後

ジビエを使ったBBQなどがあれば

10000円を超えてくる場合も多いです。

さらに、1泊2日で体験ということであれば

20000円くらいになります。

どんなことを体験したいかによって

価格が変わってきますので

前もってリサーチや予約は必須です。

日本で狩猟体験が味わえるツアー5選

それでは、狩猟体験が味わえるツアーを紹介します。

狩猟体験に興味が湧いた人は

参考にしてみてください。

Good Hunting


山の中に実際に設置してある罠の見学

獲物の解体実食ができます。

また、ソフトエアライフル(玩具銃)を使って

射撃体験ができたり

クレー射撃を見学し

シューティングシュミレーター

クレー射撃の体験もできます。

銃猟に興味のある方にオススメの体験です。

詳しくはコチラ

TABICA


猟師と一緒に

猟師目線での山歩きを体験したり

罠猟の仕掛け方などを体験できたりします。

ジビエの実食もあり

狩猟体験が初めての方にはオススメです。

女性

実際に森の中に入ってフィールドサインを見たり、野生動物の座学や実食、仕掛けの体験など、頭だけでなく身体も動かせて充実しました。

男性

小さな子ども連れでしたが、子どものペースに合わせてくれた温かい対応をしてもらえ、また、ジビエの調理の仕方まで教えてもらえたので、とてもためになり、楽しい時間を過ごすことができました。

詳しくはコチラ

田歌舎(たうたしゃ)


京都府美山町のレストランが主催する狩猟体験です。

猟師はもちろんのこと

猟犬も引き連れて

本格的な狩猟を体験できます。

野生動物と対峙するときの緊張感

本気のやりとりを生で体感できます。

また、獲物の解体実食もできます。

参加する人数や年齢によって

さまざまなプログラムを相談して組むこともできますので

自分達だけの狩猟体験もできるのがオススメです。

詳しくはコチラ

小菅村


山梨県小菅村が主催している狩猟体験は

1泊2日で地元の猟師とともに

山を歩き、狩猟と野生動物について

学ぶことができます。

初級編罠猟師編の2つがあり

初級編は小学生から参加可能で

猟師とともに森を散策したり

野生動物について座学で学んだりできます。

罠猟師編では

1日目に獣道に罠を仕掛け

2日目に確認しにいったりと

本格的な罠猟の体験もできます。

しかも両方とも

ジビエのBBQがついています。

家族で参加すれば

思い出に残る貴重な体験ができること間違いなしです。

詳しくはコチラ

猪鹿庁(いのしかちょう)


猪鹿庁という

山のプロの団体が主催する狩猟体験プログラムです。

体験はさまざまで

初心者向けには

狩猟体験から解体、ジビエ料理の実食

ジビエの味くらべなどが体験できます。

本格的に狩猟を学びたい人には

罠猟の徹底講座や、皮なめしの仕方まで教えてくれます。

多少参加費はかかりますが

狩猟やジビエを徹底的に楽しみたい人にはオススメです。

詳しくはコチラ

まとめ 狩猟体験をして、狩猟やジビエの興味を深めよう!

狩猟体験は

猟師達とのふれあいを通して

猟の必要性大変さを学べる場です。

また、山の恵みであるジビエの美味しさを実体験し

山の恵み命の大切さについても学べる場であるともいえます。

狩猟体験に興味を持った方は

ご紹介したイベントに参加してみては、いかがでしょうか?

猟師の気持ちになって、山歩きをしたり

獲物を解体したりすることで

新たな発見があるかもしれません。

-ジビエ

© 2020 お肉の専門書