ジビエ

【ハト肉の通販】オススメランキング!ハト肉の特徴とは?

ハト肉はフランス料理の定番です。

「ハト肉ってどんな感じなんだろう・・・」

ハト肉だけを食べにフランス料理店に行けないし

コースを食べるとお金もかかるし

家で何とか食べられないものか・・・

そんなときはネットの通販で探してみましょう。

今回は、通販でハト肉を買うときのオススメのお店だけでなく

ハト肉の特徴や値段の相場をご紹介します。

ハト肉に興味がある人は参考にしてみてください。

それでは見てみましょう。

ハト肉が通販で買える?

ハト肉は通販サイトで販売しているのでしょうか。

もちろん通販で買うことができます。

鶏肉では、いろいろな部位に分けて売られていますが

ハト肉は1羽まるまるで販売されています。

「1羽まるまるはちょっと量が多いのでは・・・」と思う方

よく見かけるハトを想像してください。

そんなに大きくないのではないでしょうか。

1羽まるまるの大きさでも

だいたい1~2人前くらいなのです。

ハト肉にはどんな特徴がある?

ハト肉はあっさりとした赤身です。

ビタミンB群鉄分を多く含み

美肌貧血疲労回復に効果があります。

また、善玉コレステロールを増やす効果のある

パントテン酸も多く含んでいます。

女性にオススメなだけでなく

生活習慣病の予防にも効果があります。

メモ

日本では、ハト肉で使われるハトは「キジバト」という種類のハトで

公園でよく見かける「トバト」とはまた違います。

「キジバト」は「サマージビエ」とも呼ばれ、夏が旬のジビエです。

ハト肉を通販で買うと美味しい理由

ハト肉は基本的にフランスなどの海外から輸入したものが販売されています。

ハト肉の本場はフランスです。

フランスで捕獲もしくは飼育され

きちんと処理されてから輸入されているハト肉となれば

美味しいことは間違いありません。

ココがポイント

ジビエは一般的に捕獲すると血抜きをするものですが

ハト肉は血抜きをしないで用いる場合もあります。

血抜きをしていないハト肉は「エトフェ」と呼ばれ

体内に血を残すことで、鉄の風味が強い肉になります。

通販のハト肉を美味しくいただく方法

ハト肉は、鶏肉と同じように

ムネやモモ肉に解体して

さまざまな料理に用いることができます。

しかし、鶏肉に比べるとハト特有のクセやニオイがあります。

そこで、ハト肉を美味しくいただく方法としては

ローズマリーなどで香草焼きにすることがオススメです。

また、ローストにしたり赤ワインと一緒に煮込んだりするのもオススメです・

もちろん、オーブンで1羽を丸焼きにするのもいいですね。

通販のハト肉の値段相場はどのくらい?

ハト肉はg単位ではなく1羽単位で販売されています。

最高値は、1羽あたり3000円くらい

最安値は、1羽あたり1800円くらい

平均相場は、2200円くらいとなっており

産地によって値段が変わります。

大きさによりますが、1羽でだいたい300500gくらいの重さで

1~2人前くらいになります。

【ハト肉の通販】 オススメランキング

輸入食材マルシェ


フランス産のハトだけでなく

秋と冬が旬となる

ヨーロッパ産の山鳩(ピジョンラミエ)も扱っています。

ただし、野生のものは銃弾が入っていることがあるので注意が必要です。

公式サイト

男の台所


ここでは、フランス産の若いハト肉を販売しています。

若いハト肉は、柔らかくて美味しいです。

パンチェッタ(ハムの一種)を巻いてまるごとローストするレシピも

一緒に掲載されています。

調理法はお手軽なので試してみてはいかがでしょうか。

公式サイト

TOKYO468食材


ここでは、フランス産とスウェーデン産のハトを販売しています。

またフランス産でも、ランド産とブレス産の2つの産地から輸入しています。

ランド産は、エトフェ処理がしっかりとされているので深いコクがあり

ブレス産は、エトフェ処理が弱いのでハト肉本来の味が楽しめます。

色んなハト肉を試してみましょう。

毛ありで生々しい状態のハトも販売されていますので

苦手な人は避けた方がいいでしょう。

公式サイト

-ジビエ

© 2020 お肉の専門書