肉の部位一覧

豚肩ロース肉はどこの部位?どんな特徴がある?

今回は豚の肩ロースについて見ていきたいと思います。

ロースっていう名前はよく聞くけど

「肩ロースっていうのもあるの?」

「そもそも肩ロースってどこの部位なの?」

「肩ロースの特徴は?」

というような疑問を持ったか方は是非読み進めて見てください。

所々に養豚経験者である私が豚の豆知識もお伝えしているので

楽しく読み進めてもらえると嬉しいです。

ちなみに、「肩ロース」ではなく「ロース」がどの部位でどんな特徴があるのかは

下記の記事を読んでみてください。

それでは早速、見ていきましょう。

豚の肩ロース肉ってどこの部位なの?

豚の肩ロース肉は頭の後ろ部分に位置し、背骨の両側にあります。

ロース肉も人気がある部位ですが、「肩ロースの方がコクがあって好きだわ」というファンの方も多くいるのがこの肩ロース肉です。

豚肉の中でも肩ロース肉は結構人気がある部位なのです。

値段もお手頃でありながら、様々な料理にアレンジできる幅と栄養面からとても人気があります。

豚の肩ロース肉は豚1頭からは約5㎏~7㎏取れます。

バラ肉やロース肉よりはやや少なめです。

ちなみにバラ肉とロース肉は共に約10kg取れます。

豚さんの豆知識

いきなりですが、子豚ってセクシーなポーズをとるというのをご存知ですか?

豚がセクシーなポーズを取るなんて想像もしないですよね。

でも、実は後ろ脚をよく見てみるとハイヒールを履いているように見えるんですよ!

是非、子豚を見る機会があったら後ろ脚に注目してみて下さい。

デートの時などのちょっとした話題になりますね!

オススメの角度は、豚さんの後方から見るのがベストです。

豚肩ロース肉の特徴は?栄養素は何が含まれているの?

豚肩ロース肉の食感を、「固いか」「柔らかいか」で表現すると

やや柔らかい部分だといえます。

肩ロースの特徴としては、キメは細かく

脂肪と赤身のバランスが非常に良い部位となります。

ただ、皮下脂肪の部分はどうしても赤身と脂肪分が分離していますが

中の方は赤身肉の中に脂肪分が混じっていて絶妙なバランスがあるお肉です。

豚肩ロース肉にコクがあると感じるのはこの赤身と脂身の絶妙なバランスがあるからです。

また、先ほども述べましたが豚の肩ロース肉は幅広い料理に合うというのも特徴の一つです。

「豚の肩ロース レシピ」と検索すると山ほど料理が出てきます。

気になるカロリーですが、肩ロース肉は100gあたり約250kcalです。

豚肉の各部位から見ると中間ぐらいのカロリーです。

カロリーに関しては、食べ過ぎなければ気にするほど高カロリーというわけではありませんね。

ちなみに、他の部位のカロリーは以下

・ロース肉 250kcal

・ヒレ肉  110kcal

・バラ肉  380kcal

糖質の方は

100gあたり約0.1〜0.2gです。

ちなみに、豚ロース肉の糖質は約0.3g(100gあたり)です。

ですので、豚肩ロース肉はロースよりも少し糖質が低いのが特徴です。

また、脂質に関しては以下です。

・ 豚バラ肉    約34g(100gあたり)

・ 豚肩ロース肉    約19g(100gあたり)

・ 豚ヒレ肉(赤身) 約2g(100gあたり)

豚肉の部位によって大きな違いがあります。

豚さんの豆知識

子豚の離乳時期は生後30日です。

授乳期はお母さん豚はお腹を真横に向けて横になります。

子豚達が飲みやすいようにです。

生後25日を過ぎた頃から横になった時の姿勢が変わります。

お腹を真下に向けて寝るんです。

子供たちはミルク頂戴と騒ぎますが一向に相手にしません。

1日に10回くらい与えていたミルクの回数が数回に減ります。

本能で断乳の時期を感じているからです。

豚の肩ロース肉に合う料理は何がある?

肩ロース肉は正直どんな料理にも合うので

よっぽど味付けを間違えなければ美味しく頂けます。

ただ、カロリーを気にする方は豚ロース肉の時にご紹介したように

・焼く

・蒸す

・茹でる

ことでカロリーを抑えることができるのでオススメです。

個人的には茹でチャーシューが好きです。

好きなサイズにカットして晩酌の一品として冷蔵庫に入れておくと

サッと食べられて便利です。

豚肩ロース肉を油で揚げる竜田揚げも美味しいですが

高カロリーになってしまうので注意が必要です。

脂っこいのが苦手な方は焼く調理法がオススメです。

なぜなら、焼く調理法は肉の脂分を落とすのに一番適していることと、

中に細かく入っている脂肪分まで落とせるからです。

でも、デメリットもあります。

焼いたり、茹でたりすると栄養素が一緒に流れでてしまうことです。

では、蒸す方法はどうなのか?

蒸す方法に関しては、表面の脂分は落とせますが中の脂分までは落とせません。

でも、蒸す調理方法は脂肪に含まれる栄養素を逃がさないので

タンパク質やビタミンなどを摂取することができます。

どんな調理法もメリットデメリットがあるので

お好みの食べ方で豚の肩ロースを楽しんで見てください。

-肉の部位一覧

© 2020 お肉の専門書