お店 松阪牛

三重県松阪市にあるステーキハウス三松(みまつ)に行ってきた感想!!

今回は三重県の松阪市まで車で東京から松阪牛を食べに行ってきました。

どこに行こうか迷ったのですが、どうせ行くなら有名なとこでしょ!!

と考え松阪牛の3大名店のどれかに行こうと決めました。

ちなみに、3大名店とは

・和田金

・牛銀

・三松

です。

この3店舗は松阪市の中でも老舗といわれている名店だそうです。

どのお店もかなり有名だとタクシーのおじさんが仰っていました。

知恵袋にもこのようなアンサーがあったので有名なのは間違いないでしょう。

Q松阪市のステーキが美味しいお店はどこでしょう?

そして、この三大名店の中のステーキハウス三松に決めました。

それでは、早速ステーキハウス三松を見ていきましょう。

ステーキハウス三松の外観

暗くて見にくいのですが、老舗高級店と言われるだけの歴史を感じることができます。

ステーキハウス三松の店内

早速、入店すると炭火か鉄板焼きかを選べて別々の席に移動させられます。

今回は鉄板焼きを選択

テーブルはこんな感じでした。

このような席が何十個と横並びで並んでいました。

外から見ても建物が大きいなと感じていたのですが

店内は迷路のようになっていてかなり広かったです。

駐車場も屋根付きで何十台と停められるスペースがありました。

ステーキハウス三松のメニュー

鉄板焼きステーキメニュー

・サーロインSPステーキ 200g 17,300円
・サーロインDXステーキ 180g 14,060円
・サーロインステーキ 170g 11,900円
・リブロインステーキ 150g 8,920円
・テンダーロインSPステーキ 200g 17,720円
・テンダーロインDXステーキ 180g 14,390円
・テンダーロインステーキ 170g 12,260円
・ヒレミニオンステーキ 150g 9,270円
・ジンジャーSPステーキ 200g 17,300円
・ジンジャーDXステーキ 180g 14,060円
・ジンジャーステーキ 170g 11,900円

鉄板焼きステーキ定食メニュー

・鉄板焼ステーキ定食(SP)200g 18,460円
ポタージュスープ、スペシャルステーキ、サラダ、ロールパン又はライス、コーヒー

・鉄板焼ステーキ定食(DX)180g 15,220円
ポタージュスープ、デラックスステーキ、サラダ、ロールパン又はライス、コーヒー

・鉄板焼ステーキ定食(A)170g 13,060円
ポタージュスープ、ビーフステーキ、サラダ、ロールパン又はライス、コーヒー

・鉄板焼ステーキ定食(B)150g 10,080円
ポタージュスープ、ビーフステーキ、サラダ、ロールパン又はライス、コーヒー

出典:ステーキハウス三松

ステーキハウス三松のお肉が登場

ニンニクチップとバターで鉄板の温度が上がるのを待ちます。

その時の匂いはやっぱり最高でしたね。

お店の人が各テーブルに一人いて目の前で焼いてくれるという

とても贅沢な空間でした。

パフォーマンのようなものを期待していましたが、特にそのようなことはなく

淡々と料理を作ってくれましたね。

パフォーマンスぽかったのは一回ワインか何かをお肉にかけて

煙がすごい出たことくらいですかね。

火は出なかったです。

そして、シェフがお肉を作っている間にサラダやスープが運ばれてきます。

このスープはポタージュスープでしたが、金額の割には普通の味でした。

この辺にはお金をかけずお肉に力を入れているのだと思います。

そして、サラダとスープを食べ終える頃にお肉が完成

お皿に盛り付けず、鉄板のサイドに盛り付けられました。

お肉はブロックになっており10切れに分かれていました。

なので、この1ブロックで約1700円です!!

噂通りかなり高額なステーキハウスでした。

しばらくは美味しいものを我慢しないといけなくなりそうです。涙

写真がないのですが、お肉を焼き終えた後

ガーリックライスも作ってくれます。

可能なら私はお肉とご飯を一緒に食べたかったのですが

そういうお店ではないみたいでしたね。

そして、食後はコーヒーが出て終わりです。

コーヒーも個人的にはセブンのコーヒーの方が好きでした。

ただ、お肉は最高に美味かったです。

ちなみに、お会計は男3人で6万円くらいでした。

お店の情報

店名:ステーキハウス三松

予約・電話番号:0598-21-1411

住所:三重県松阪市中町1966(松阪駅から310m)

営業時間:11:00~20:00 日曜営業

定休日

水曜日(祝日の場合は営業)

三重県まで行かなくてもネットで松阪牛を食べたい方はこちらも読まれています。

松阪牛をこれから食べるのに松阪牛のことちゃんと理解していますか?

-お店, 松阪牛

© 2020 お肉の専門書