肉の部位一覧

牛肉の部位「内もも」ってよく聞くけど結局どんな部位なの?

今回は牛肉の部位である「内もも」についてみていきます。

内ももの部位はどこあるの?牛一頭からどれくらい取れる?

内ももは牛の後ろの股の付け根にあるお肉です。

人間でいうと股間の内もものお肉だと言えます。

そして、内ももは牛一頭から約10キロ取れる部位になります。

内ももの特徴

内ももは「うちひら・トップサイド」とも呼ばれます。

そして、内ももには多くの筋肉が集まりとても筋肉質な部位になります。

ですので、牛肉の部位の中でも最も脂身が少ない場所と言われています。

脂身と赤身が分かれる理由は

よく動く運動系の筋肉は筋肉質になり赤身肉として消費者に届けられる。

逆に、脂身の部分は牛が筋肉をさほど使わない場所に集中してできます。

例えば、背中周りのお肉はあまり使われていない部分になるので

あの有名なサーロインはあれだけ脂身が乗っているのです。

サーロインは背中周りのお肉です)

ですので、今回紹介している内ももは赤身肉で脂身が苦手な方にオススメな部位となります。

内ももの味の特徴

内ももは比較的柔らかく余分な脂肪が少ないため

サッパリと召しあがれる部位となります。

ただ、物によっては筋が多く噛みきれないこともあるので注意が必要です。

ブランド和牛は比較的柔らかい傾向ですが外国産などの内ももは筋が多く硬い場合があります。

内ももに適している料理とは?

・ステーキ

・焼肉

・ローストビーフ

・煮込み

内ももを細分化すると4種類に分けられます。

内ももと一口に言っても、その中から4種類の部位に分けることができます。

詳しく見ていきましょう。

オオモモ

オオモモは霜降りが綺麗に入っていて大きな塊なので

スライスすると大きな1枚のスライス肉を取ることができます。

ですので、しゃぶしゃぶやすき焼きに適しているお肉です。

こもも


熟成肉こもも(200g)

内ももの中でも一番柔らかい部位とされているのがこの「こもも」

人間の耳たぶのように柔らかいのが特徴です。

内ももの中から握りこぶしくらいのサイズしか取れないので

大変貴重な部位になります。

鉄分の多い濃い味わいです。

かぶり


黒毛和牛焼肉切り落とし 400g

カブリは内ももを包んでいる脂で薄い赤身肉と肩ロースサーロインの間いにあります。

その中でも背中の上の方にあるお肉をリブカブリと言います。

内ももの方のカブリは肉質が硬いのが特徴で、煮物などに向いています。

一般的には切り落としてとして扱われています。

リブカブリは内ももから取れるのではなくリブロースから取れる部位なので

説明は割愛します。

なので、カブリには「カブリ(内もも)」と「リブカブリ(リブロース )」の2種類があるということです。

リブロースのリブカブリについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

かぶり肉の部位はどこ?牛かぶりの値段はいくらくらい?

続きを見る

リブロースとはどんなお肉?部位の紹介から価格相場や語源について

続きを見る

メガネ


熟成肉めがね(約180g×1枚)

メガネは一頭から300〜500gしか取れない大変貴重な部位になります。

内ももが10kg取れることを考えるといかに少ないかが分かります。

基本的にはメガネ単体で販売されることは少ないので

焼肉屋などで見かけたらかなり珍しくお肉にこだわっていることが伺えます。

そしてメガネの由来ですが、メガネは骨盤から取れるお肉で

骨盤の部分がフレームでお肉の部分がレンズに似ている

ことからメガネという名前がつきました。

お肉の味の特徴はハラミに近いような柔らかさと旨味を兼ね備えています。

まとめ

いかかでした?

内ももと一口に言っても

・オオモモ

・こもも

・カブリ

・メガネ

と4種類も取れるお肉だと知っている方は少ないしょう。

お肉の部位は関東や関西で呼び方が違う部位も多いので調べてみると

色々と奥が深いです。

全てのお肉を食べることを目標にレビュー記事も書いていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-肉の部位一覧

© 2020 お肉の専門書