グラスフェッドビーフ

グラスフェッドビーフの味を様々な角度からレビューしてみた

今回はグラスフェッドビーフの味について言及していきます。

「グラスフェッドビーフって臭くないの?」

「グラスフェッドビーフって硬いイメージがあるんだけど?」

などなど、グラスフェッドビーフの味に興味がある方は参考になることも多いと思います。

そして、今回グラスフェッドビーフを全部で4つの項目に分けてみました。

・香り

・見た目

・味

・固さ

です。

そして、最後に主観的な意見になりますが総合評価を付けてグラスフェッドビーフの味等を判断していきます。

そこで、今回レビューするお肉を「安いグラスフェッドビーフ」「高級なグラスフェッドビーフ」

この二つを見ていきたいと思います。

比較的値段が安いグラスフェッドビーフは楽天で購入しました。

そして、高級なグラスフェッドビーフはレストランでも使われているような

お肉です。

それでは、早速見ていきましょう。

安いグラスフェッドビーフのご紹介

今回のレビューで使ったお肉はこちら

詳しい詳細は下記のリンクから見てください。

今回はあくまでも味について言及なので、詳しい説明は割愛します。

高級なグラスフェッドビーフのご紹介

今回のレビューで使った高級なグラスフェッドビーフがこちら

気になる値段や購入場所に関してはこちらの記事を見てください。

斎藤ファームの肉を購入してみたレビューと焼き方(SaitoFarm)

続きを見る

それでは早速、詳しいレビューを見ていきましょう。

グラスフェッドビーフ香り(楽天)

このお肉は写真からもわかる通り真空状態で到着しました。

そして、ハサミで封を開けた瞬間香りを嗅いで見ました。

スーパーで売っているお肉と比べると

かなり、獣臭いと感じたのが正直な感想です。

この時、始めてグラスフェッドビーフに挑戦していたので

「グラスフェッドビーフは臭い」お肉だと思っていたので

うわーーやっぱり臭いな!!と感じ、これ焼いても獣臭が消えないかもな〜とも思いました。

でも、焼いている時は獣臭も全くなくお肉のいい香りを感じることができました。

グラスフェッドビーフ香り(高級)

こちらも同様にハサミで袋を切って直ぐに匂いを嗅いでみました。

でも、こちらはほとんど臭みというものもなく

スーパーで買ったお肉同様、お肉の香りといった感じでした。

焼いている時も全く臭くなく、いいお肉の香りがしました。

グラスフェッドビーフ見た目(楽天)

お肉の上部に脂身が集中しているのが分かります。

赤身肉なのでサシはかなり少ないです。

これをパッと見たら正直、硬そうなお肉だな感じました。

グラスフェッドビーフ見た目(高級)

こちらのお肉は全体的に脂身が入っていて所々にサシが入っているように見えます。

安い方と比べるとこちらの方が柔らかそうなお肉だと感じました。

グラスフェッドビーフ味(楽天)

袋を開けた瞬間は獣臭を感じたので、身構えて一口目を食べました。

でもいい意味で期待を裏切られました。

少し歯ごたえが強めな印象ですが、それはそれでワイルドということで(笑)

獣臭は全くなくお肉の味を感じる「THE肉」という味わいでした。

今回はフライパンで焼いただけだったのですが、シンプルに塩のみで味付けしても十分に満足できました。

この値段でこの味を頂けるなら正直クオリティーはかなり高いです。

グラスフェッドビーフ味(高級)

こちらのお肉は油を多めに引いて素揚げのようにして頂きました。

こちらのお肉は最初から臭みもなかったので、味も臭いだろうとは一切思っていなかったです。

そして、一口食べて思ったのがこっちのお肉の味はさらに赤身肉だということを

忘れさせてくれるくらい脂が乗っていてジューシーだということ。

「THE肉」というよりも「高級なサーロイン」を食べているのかと錯覚するくらい上品で濃厚な味わいでした。

安いグラスフェッドビーフよりも圧倒的に脂身を多く感じることができましたね。

グラスフェッドビーフ硬さ(楽天)

楽天のレビューにも書いてありますが、値段に対してお肉のクオリティーが非常に高い、というのが全体的な印象です。

私はグラスフェッドビーフはもっと固いお肉だというイメージを持っていましたが

全然固くなかったです。

もちろん、ブランド和牛のような高級なサーロインと比べると固いですが

ワイルドな「THE肉」感が気持ちよく味わえる固さです。

固すぎて、もう買いたくないと思うようなお肉ではないということです。

ただ、脂身の部分はものすごく固く正直噛み切れないくらい固かったので

飲み込むか包丁で切って排除するほかなかったです。

脂身は細かくミンチにしてソーセージなどに詰めるのがいいかもしれません。

また、ウェルダンにして食べてみましたが火を通しすぎると固くなるので

レアで頂くことをオススメします。

グラスフェッドビーフ固さ(高級)

この高級なグラスフェッドビーフはもはやグラスフェッドビーフだと

いうことを忘れさせるくらい柔らかいお肉でした。

ナイフがすっと通る、まるでカルビや中落ちカルビ同等の脂身と柔らかさを持っていました。

さすが、レストランで提供されているだけあります。

その分値段も張りますが、グラスフェッドビーフは固いという負のイメージが根本からひっくり返るくらい

の価値があると私は感じました。

こちらのオススメもレアですがウェルダンにしても固くなることはなかったです。

総合評価(楽天)

総合評価

味や固さなどお肉としては非常に満足度が高いと言えますが

一つ残念だと思ったポイントは脂身が固すぎて食べれないことです。

ただ、普段から脂身を食べない人や料理に応用できる方にとっては問題はないかと思います。

それ以外、コスパや発送の迅速さなどに関しては全く不満を感じることはありませんでした。

総合評価(高級)

総合評価

お肉の味や固さはグラスフェッドビーフなのか?と疑うぐらい素晴らしかったですが

やはり、値段が高いので星3.5にしました。

また、発送も楽天の方は2日くらいで来ましたが

高級な方は5日6日してから来ました。

まとめ

どちらのお肉も私が最初に抱いていた懸念

・グラスフェッドビーフは臭い

・グラスフェッドビーフは固い

というネガティブな印象を払拭してくれました。

 

全体評価としては、コスパと味を考慮した結果、楽天で購入したグラスフェッドビーフに軍配が上がりました。

 

両方とも体にいいお肉なら食べ続けたいと思うくらい美味しかったです。

特に高級な方は今度両親にプレゼントしてみようと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

-グラスフェッドビーフ

© 2020 お肉の専門書