肉の部位一覧

イチボって何どこ?特徴から由来ダイエット向きのお肉?イチボのあれこれ

最近ではスーパーマーケットでもイチボの部位が売られていることを目にするようになりましたが

イチボって実際どんなお肉なのか?名前くらいは聞いたことあるけど

詳しくは知らないという方が多いと思います。

そこで、今回はイチボに焦点を当ててイチボのあれこれをまとめてみました。

イチボってどこの部位?

イチボは牛のお尻のあたりにある部位になります。

お尻の部分のお肉をまとめて「ランイチ」と呼びます。

その「ランイチ」の中には

・ランプ

・イチボ

・ネクタイ

の3種類でランイチが構成されています。

なので、イチボというお肉はランイチの中にある1種類ということです。

先ほど、お尻の部分にあるお肉だと説明しましたが

もう少し詳しくいうとイチボはソトモモの中肉に繋がっていて

ランプはサーロインと繋がっている場所になります。

そして、イチボがあるお尻(臀部)の部分がH型をしていることから「エイチボーン」と言われていたのが

短くなって現在呼ばれている「イチボ」という風になったのが語源だと考えられています。

イチボの特徴その美味しさの秘密

イチボはどちらかと言うと赤身のお肉になります。

写真からの見た目でも分かる通り脂身はカルビやサーロインに比べると少ないですが

赤身の特徴である風味を少しの脂身と味わうことができます。

赤身と脂身のバランスがとても丁度いいお肉なので

サーロインだと脂身が多すぎて胸焼けしてしまう人にはイチボはオススメです。

イチボはどんな料理に合うのか?オススメの食べ方は?

オススメ料理

・イチボステーキ

やっぱり鉄板の食べ方はステーキです。

・イチボのローストビーフ

イチボをローストビーフにして食べる方も多いです。

ステーキだけじゃ物足りない人はローストビーフにも挑戦して見てください。

・イチボの寿司

シャリを作ってご飯の上にイチボをおいてバナーで炙って

ワサビを少しのせて醤油で食べるのもお洒落で美味しいです。

・イチボのビーフカツ

海外では今牛カツが大ブームになっていて有名な牛カツ屋さんには多くの外国人観光客がいます。

そんな美味しい牛カツにして食べるのもオススメの一つです。

イチボはダイエット向きのお肉?

お肉は大好きだけどダイエット中でイチボが太るのか気になるって方に

イチボのカロリーや糖質を調べて見ました。

糖質に関していえば牛肉はそれほど心配しなくても大丈夫です。

なぜなら、牛肉全般糖質はかなり低いからです。

カロリーに関していえば部位によって大きく異なるのですが

イチボはどのくらいなのか?

見ていきます。

イチボカロリー

イチボのカロリーは100gあたり234カロリーです。

牛肉の部位の中では比較的にカロリーは低い部類になります。

比較材料100gあたり

イチボ234カロリー

肩ロース410カロリー

バラ肉510カロリー

ただ、これらのデータも脂身の量や国産、外国産などで数値は大きく変動するので参考程度に考えておいてください。

糖質制限よりもカロリーを重視して減量したい方はイチボはサーロインやバラといったお肉と比べると

ダイエット向きと言ってもいいでしょう。

ですが、食品全体で100g234カロリーは決して低カロリーとは言えないのも事実なので

減量目的ならグラスフェッドビーフやササミの方が適していると言えますね。

イチボ糖質

今度はイチボの糖質を見ていきます。

ちなみに、私はカロリーよりも糖質を抑える方がダイエットには効果的だと思っている信者です。

ここで詳しい説明は割愛しますが、糖質制限で痩せようと思っている方はイチボの糖質も知っておきましょう。

イチボの糖質は100gあたり0.4gです。

比較材料100gあたり

イチボ0.4g

サーロイン0.4g

もも0.6g

牛肉全般は低糖質ですが焼肉のタレなどには多くの糖質が含まれているので

食べ合わせに気をつけなくてはいけません。

お肉でダイエットしたいならグラスフェッドビーフがオススメ

ドクター斎藤が監修した「痩せるお肉(パーフェクトフード)」と言われているグラスフェッドビーフをご存知ですか?

私も実際に購入して食べてみましたが、この美味しさで栄養価が高く痩せれるなら最高だなと感じました。

ちなみに、楽天でもグラスフェッドビーフを購入しましたが、味のクオリティーの差は半端なかったです!

斎藤ファームと楽天のグラスフェッドビーフを比べると...

ただ、ドクター斎藤のグラスフェッドビーフは値段が少々高いのが難点ですが

肉ダイエットをする人には強い味方になってくれると思います。

詳しくは以下の記事を見てください。

参考記事

斎藤ファームの肉を購入してみたレビューと焼き方(SaitoFarm)

続きを見る


イチボとランプで何が違うの?

イチボとランプは同じランイチの中にありますが

・ランプはサーロインと繋がっている場所

・イチボはソトモモの中肉に繋がっている場所

同じランイチの中でもどこにお肉があるのかで味や特徴も変わります。

ランプはイチボと比べると脂身が少ないのでたくさん食べられるようなお肉です。

一方でイチボはランプよりは霜降り感が強く赤身の風味と脂身のバランスがとてもいいお肉です。

私は食べてそう感じましたが、実際にはランプの方が霜降りが多いと感じる人もいるため

味や特徴は人によって変わるというのが正直なとこです。

外国産のイチボと神戸牛のランプでは神戸牛のランプの方が霜降り具合は強いですし

あくまで私が同じお肉(松阪牛)を食べて比較した時に上記のように違いを感じたということです。

結論としては美味しさにそれほど差はなく、食べる人の好みやどこのお肉を食べるのかでイチボとランプの違いも

大きく変わるというのが結論としては一番しっくりきます。

イチボの値段はいくらくらいなの?

イチボ外国産の値段

オーストラリア産のイチボ1kgで3132円(税込) +送料920円

イチボ肉(ランプ肉) ピッカーニャ ブロック 1kg (ミドルグレイン、ロンググレイン) 冷蔵 赤身肉 オージービーフ いちぼ肉

オーストラリア産のイチボは1kgで3132円なので100gあたり313円です。

イチボ黒毛和牛(国産)の値段

国産黒毛和牛A5イチボステーキ150g×2で6480円(税込+送料込み)


特選黒毛和牛 A5 霜降り イチボ ステーキ 300g (150g*2枚) 父の日ギフト 国産 ステーキ 焼肉 送料無料

国産の黒毛和牛は300gで6480なので100gあたり2160円です。

イチボブランド和牛(松阪牛)の値段

松阪牛A5イチボステーキ100g×3枚22000円(税込+送料込み)

松阪牛 イチボステーキ×3枚セット A5等級【イチボ ステーキ ステーキ肉 いちぼ 和牛 国産牛肉

やはり世界の松阪牛だけあって金額も桁違いですね。

松阪牛のイチボは300gで22000円なので100gあたり7333円です。

今回楽天から無作為に商品を選びましたが、今回の値段相場から大きく外れた金額にはならないので

概ねイチボの値段相場と言えるでしょう。

イチボは牛一頭から取れる量も限られているのでブランド和牛になると値段もグンと上がっている印象を受けました。

最後にご自身でイチボの値段を見てみたい方は以下からどうぜ!

-肉の部位一覧

© 2020 お肉の専門書