肉の部位一覧

牛肉ランプの部位はどこ?気になる価格やカロリー美味しさの特徴を解説

牛肉は様々な部位があり、知名度の高いものから低いものまであります。

焼肉屋さんに行くと聞く機会もある「ランプ」肉ですが

どの部位にあってどんなお肉なのか詳しく理解している人は少ないと思います。

そこで、今回はランプ肉の部位、価格、カロリー、特徴を中心に順を追って見ていきましょう。

牛肉ランプの部位はどこだ?

ランプはランイチの中にある部位です。

ランイチとはサーロインに繋がる背中側の部分のお肉。

そしてこのランイチの中にはランプだけではなく

・ランプ

・イチボ

・ネクタイ

で構成されています。

ランプはサーロインと繋がっていてお尻から遠い部分にあります。

そして、イチボはお尻から近い方にあります。

じゃーネクタイはどこなのか?

ネクタイはランプとイチボの間にあるお肉です。

少しわかりにくいので画像で説明するとこんな感じです。

これらの部位

・ランプ

・イチボ

・ネクタイ

を総称してランイチと呼びます。

ただ、お店によってはお尻の部分に近い部位を全てランプということもあれば

イチボと呼ぶお店もあるので明確な定義づけがされていないのが現状です。

ポイント

・ランプはサーロインと繋がっている場所

・イチボはソトモモの中肉に繋がっている場所

・ネクタイはランプに重なるように存在し、イチボとの間にあるお肉

牛肉ランプの特徴と美味しさの秘密

飛騨牛のランプ肉ですが、ランプはこのような形をしています。

飛騨牛モモステーキ200g×2枚 7020円(税込)

そしてランプの味は赤身の中にも霜降りがあり

とても柔らかく赤身肉の風味をしっかりと味わえる

貴重な部位になります。

「このお肉は本当に赤身なのか?と思うほどサシが入っている場合もあります。」

ランプの方がサーロインと繋がっていることもあり、

イチボと比べるとより霜降り感を感じることができます。

サーロインの脂身が苦手で胸焼けをしてしまう方も

ランプは赤身なのに霜降りのような味わいなので胸焼けを極端に心配する必要のない

ギフトとしても送れる優れた部位だと言えますね。

また、ランプはもも肉の中で一番柔らかい肉質を持ちながら

程よい脂身も持ち合わせている部位だと言われていることから

多くのレストランで好んで取り扱われています。

ちなみに、ランプは牛一頭から約5キロ取れるとされています。

平均的に各部位10キロ前後、取れるので

そこまで多くは取れない部位と言えます。

それでも以前に比べればスーパーマーケットで

イチボやランプと言った希少部位を見ることが

多くなりました。

世間のお肉に対する関心も深まり、その美味しいさから店頭に並べても売れるのではと

判断されたのでしょう。

簡単に希少部位が味わえるのはとても嬉しいことですが..

そのお肉がホルスタインなのか?外国産なのか?黒毛和牛なのか?

を知っているとスーパーでお肉選びをする際に参考になります。

関連記事
意外と知らない和牛と国産牛の違い!あなたは分かる?

続きを見る

ランプのカロリーと糖質はどのくらい?

ランプのカロリー

外国産のランプ肉のカロリーは100gあたり約202カロリーです。

ただ、今回様々な資料やインターネットで情報を調べた結果

ランプ肉のカロリーはサイトや資料によって値がバラバラだと言うことです。

これはその時に調べたお肉の脂身、国産、外国産、ブランド和牛なのか?

がバラバラだったのでランプのカロリーの値もマチマチになったのではと考えています。

それの値をまとめた平均値を出すと100gあたり約202カロリーという結果が出ました。

ですので、ランプ肉のカロリーは個体差もあるけれど約202カロリーくらなんだなと思って

頂ければ良いと思います。

ランプの糖質

牛肉全般に言えることですが、お肉は基本的に低糖質です。

糖質制限のダイエットが流行っていますが、お肉だけを食べてダイエットをしている芸能人も多くいますね。

そして、気になるランプ肉の糖質は100gあたり0.5gだとされています。

お肉に関しての糖質はあまり気にしなくても大丈夫ですが

摂取する部位やブランド和牛(松阪牛や神戸牛)と言ったお肉は高カロリーなので

ダイエットをする際は摂取する部位とカロリーを意識することが大事です。

また、焼肉のタレなどには多くの糖質が含まれているので

付け合わせに注意して食べたいものです。

牛肉ランプの値段はいくらくらいなの?

ランプ肉は牛一頭から約5キロしか取れないのでもの凄く高いと思われるかもしれませんが

外国産なのか?ブランド和牛なのか?国産なのか?によって値段の幅もかなり大きくなります。

神戸牛のランプ肉ですが200gで税抜き7400円です。

外国産は1kgで税抜き2800円

だったので、いかにブランド和牛が高いかがわかりますね。

神戸牛は100gあたり3700円でオーストラリア産のランプは100gあたり280円

その差なんと13倍です。

これはあくまで一例なので探せばもっと安いブランド和牛のランプ肉もありますが

概ね外国産とブランド和牛の差は10倍くらいあります。

結論としては、ランプ肉は希少部位なので一般的には高額になる傾向がありますが

外国産などのランプ肉はそこまで高くないという結果になりました。

-肉の部位一覧

© 2020 お肉の専門書