ブランド和牛一覧

前沢牛の特徴は?定義や産地はどこ?部位別でお肉の値段を発表

日本三大和牛とも言われている前沢牛ですが

「前沢牛はどのようにして決まる?」

「前沢牛のルーツや歴史」

など名前は聞いたことあるけど、お肉に関しては

あまり知らないという方が多いと思います。

そこで、今回はそんな「前沢牛」にスポットを当ててご紹介します。

また、最後にネット通販でオススメ店舗もご紹介しています。

それでは見ていきましょう。

前沢牛の定義

まず、前沢牛はどのように定義されているのか?

(1)牛の品種は黒毛和種に限る。

(2)牛の出生地は、全国和牛登録協会発行の子牛登記証、
又はこれに準ずる証明書等により出生地が確認できるものであること。

(3)牛の肥育期間は、生産者が1年以上飼養した牛であって、
出生から屠畜までの期間内において前沢地域の飼養期間が最長であり、かつ最終飼養地であること。

(4)生産者は、牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法
(いわゆる「牛トレーサビリティ法」)の趣旨を遵守するとともに、素牛導入、飼養管理状況について記録し、
確認できる状況であること。

(5)枝肉の格付基準は、社団法人日本食肉格付協会の定める肉質等級は「4」以上で、
歩留等級が「A」又は「B」であること。

出典:岩手前沢牛協会

それでは順番に見ていきます。

1、前沢牛の品種は黒毛和種に限る

日本には現在4種類の和牛しかいません。

・黒毛和種

・褐毛和種

・日本短角種

・無角和種

松坂牛や近江牛などの有名ブランド和牛のほとんどがこの黒毛和種に分類されています。

今回スポットを当てている前沢牛もこの黒毛和種でないと認められないということです。

詳しい4種類の和牛についての説明はこちらを見てください。

関連記事
意外と知らない和牛と国産牛の違い!あなたは分かる?

続きを見る

2、前沢牛の出生地について

牛の出生地については、全国和牛登録協会発行の子牛登記証、又はこれに準ずる証明書等により出生地が確認できるものであること。

もっと簡単に言えば、出生地の証明が決められた手順や手段で行われていないものに

関しては前沢牛と認めないよ!ということです。

3、前沢牛の肥育期間について

牛の肥育期間は、生産者が1年以上飼養した牛であって、

出生から屠畜までの期間内において前沢地域の飼養期間が最長であり、かつ最終飼養地であること。

つまり、牛の飼育期間が1年以上で定められている地域での飼育期間が最長じゃないといけない。

これは外国産のお肉が国産を名乗ることができるのと一緒です。

外国産のお肉であっても飼育期間が一番長い地域が生産地となります。

例えば、アメリカで3ヶ月育って日本で4ヶ月飼育されれば

そのお肉の生産地は日本(国産)となります。

なので、他の県や地域から来た牛でも最長飼育期間は前沢地域じゃないと前沢牛と認めないよ!ということです。

4、前沢牛の個体識別について

生産者は、牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する

特別措置法(いわゆる「牛トレーサビリティ法」)の趣旨を遵守するとともに

素牛導入、飼養管理状況について記録し、確認できる状況であること。

つまり、生産者は牛トレーサビリティ法に従って牛の個体レベルで管理、記録、確認

できる状況にしておかないと前沢牛を名乗ることができません。

一体一体丁寧に管理されているということですね。

牛トレーサビリティ法とは

出典:農林水産省

5、前沢牛の枝肉格付基準について

枝肉の格付基準は、社団法人日本食肉格付協会の定める肉質等級は「4」以上で、歩留等級が「A」又は「B」であること。

これに関しては、枝肉の格付基準、肉質等級は「4」以上で、歩留等級が「A」又は「B」であること。

まず、枝肉とは皮、内臓、頭、骨を取り除いたお肉ことです。

そして、残りのお肉で格付けがA4・B4等級以上だと前沢牛になります。

この格付けは下の図を見てください。

歩留等級とは日本食肉格付協会が決めたランクのことでA・B・Cに分類されます。

歩留等級の決め方は切断したロースの断面積から枝肉の重量を予想

72以上ならA

69以上ならB

69未満ならC

と3段階に分けられます。

前沢牛はBの69以上はないと前沢牛にはなれないということです。

肉質等級とは霜降り具合・肉の色沢・肉の締まりとキメ・脂肪の色沢と質の4項目で格付けされます。

5が一番良くて次が4で3を平均値として2と1となります。

前沢牛の歴史

前沢牛の歴史は比較的浅い

その理由に岩手県が農耕が盛んな地域だったこともあり

牛はお肉として食べるというよりは農業を手伝ってくれる生き物だと

いう考えがあったからです。

そして、1968年を境に牛が本格的に食肉としてみられるようになりました。

前沢牛は松坂牛や神戸牛などの有名ブランドと同じ但馬牛を祖先に持っています。

松阪牛
松阪牛(松坂牛)の特徴は?どんなお肉で定義や産地はどこ?なぜこんなに高いのか?

続きを見る

神戸牛
神戸牛の特徴は?定義や産地はどこ?部位別でのお肉の価格を公開

続きを見る

そして、前沢牛は但馬牛としまね和牛を交配して生まれました。

それから何回も品種改良を行うことで

最高の前沢牛というブランドを確立していきました。

前沢牛は何県?産地はどこ?

前和牛は岩手県の奥州市前沢で飼育されています。

グーグルマップでエリアを見るとこのような感じです。

前沢牛の部位別値段相場

前沢牛の通販ランキングは以下の記事です。

通販
【前沢牛の通販】オススメランキング通販するならどこがいい?

続きを見る

今回紹介するお店は奥州うまいもん屋

ステーキで食べたい!前沢牛ヒレステーキ150g×2枚

¥11800円

すき焼き用!モモスライス450g

¥7150円

焼肉で食べたいバーベキューセット350g

¥4750円

しゃぶしゃぶで食べたい!モモスライス350g¥4750円

最後にアマゾン、楽天、ヤフーショッピングで購入したい方はこちらです。

-ブランド和牛一覧

© 2020 お肉の専門書